月別アーカイブ: 2015年2月

オンラインカジノファン大賞の金賞を5年連続で受賞している「インターカジノ」

インターカジノは、オンラインカジノファンには絶大な人気を誇る運営会社になっており、
オンラインカジノファン大賞の金賞を5年連続受賞のほか、海外においてもオンラインカジノの
専門誌である「Gambling Online Magazine」主催の人気投票で、5年連続でトップオンラインカジノ賞を
受賞しているほど、世界でも人気の高いオンラインカジノになっています。

そんな、インターカジノの魅力は普通のスロットゲームのほか、人気映画や
人気ゲームをモチーフにしたスロットがあり、楽しみながらスロットを行う事ができるようになっています。
その他、3Dスロットも絶大な人気があり、3D映像を見るだけでも価値があるほど、素晴らしい動きになっています。
そして、オンラインカジノ史上最高額のジャックポット獲得記録を持っている、インターカジノ。

なんと、日本円にして約9億5千万円の高額当選者が誕生しているのです。パソコンを使って、
マウスをクリックするだけで、9億円!です!本当に、すごい世界ですよね。

このように史上最高額のジャックポット獲得記録を持っているだけではなく、
稼ぐ事が出来る事で有名なインターカジノ。

その理由として、月に何度も届くボーナスメール。
このボーナスを上手に利用する事で、軍資金を二倍以上に
してゲームを行う事ができ、稼ぎやすくなっているのです。
このように、様々な賞を受賞しているインターカジノ。それには、受賞するだけの魅力があるという事なのです。

オンラインカジノで楽しむための注意事項

自宅で簡単に楽しむ事ができるオンラインカジノ。
美しい映像やこった演出などを見ながらカジノゲームを
楽しむ事ができる上、勝つことで儲ける事もでき、
良いとこばかりのゲームのように思えます。

実際、還元率も、日本の公営ギャンブルなどと比べても非常に高く、
楽しさも儲けも兼ね備えたものになっている濃いとは確かです。

しかし、長くオンラインカジノで楽しんでいく為には、やはり、注意も必要なのは事実。
例えば、いくら還元率が高いとはいえ、100%勝てるわけではない事を頭に入れて楽しむ事が大切です。
目に見えないお金を使って楽しむため、ついつい負けても気にすることなく、ゲームを続けてしまいがちになってきます。
しかし、それは危険な行為で、必ず、今自分がどのような状態になっているのか確認した上で、
無理のないように楽しむ事が大切です。

それには、飲酒などを行いながらするのではなく、
出来るだけ冷静な状態でオンラインカジノを行う事が大切です。
飲酒は、人の思考力を低下させてしまう為、取り返しのつかない事にもなりかねません。
その他、時間を決めて行う事も大切。自宅で行う事ができ折る為、ついつい時間を忘れて夢中になってしまう人もいると思います。
そうすると、日常生活に支障が出てきてしまう為、長い期間、オンラインカジノを楽しむ事が難しくなってくると思います。
これらのように、オンラインカジノを楽しむ為には、少しの注意事項を守る事が大切だと思います。

スマホやタブレットでも楽しめるオンラインカジノ「ジャックポットシティ オンラインカジノ」

ジャックポットシティ オンラインカジノは、HTML5対応に対応している為、
iPhone、iPad、Androidでも楽しむ事が可能なオンラインカジノになっています。
その為、自宅などだけではなく、外出先でも気軽に楽しむ事ができ人気になっているのです。
もちろん、PC版とモバイル版は同じアカウントで行う事ができる為、パソコンとiPhone、iPad、
Androidとで同じアカウントで楽しむ事が可能です。

また、日本語版マイクロゲーミングソフトの中ではゲーム数も多い事も人気の一つで、
日本語でのサポート体制も充実している事から、安心して楽しむ事ができるようになっているのです。
また、嬉しい事にジャックポットシティ オンラインカジノでは、日本人専用のプロモーションを多く取り扱っています。
独自の日本人専用のプロモーションは、日本人スタッフによるギャグの効いたユニークな企画も多く、
とても楽しいプロモーションになっています。また、楽しいだけではなく、
ユーザーのまだまだ少ない日本人専用のプロモーションでカジノを行う事で、
当選確率を上げて楽しむ事も可能になってくるのです。

そんな、ジャックポットシティ オンラインカジノで楽しむための入出金方法は、
アイバンクがおススメ!おススメの理由として、面倒な手続きが一切必要ない点や
入金が他の銀行と比べると非常に早い点。また、手数料が安い点などが挙げられます。
ジャックポットシティ オンラインカジノを始められる人は、便利なアイバンクを
利用してみてはいかがでしょうか。